EAST COURSE
東コース
Hole 1 PAR:5
HDCP:5
BACK:556Y
REGULAR:540Y
FRONT:483Y
LADIES:483Y

ストレートなロングホール。フェアウェイが広くハザードも無いので気持ちよくティーショットして下さい。狙いは右サイドが良いでしょう。このホールで気を付ける事は、グリーン手前のバンカーに入れない事。ウッドやロングアイアンでぎりぎりの距離であった場合、無理にグリーンを狙わずバンカー手前にレイアップするのが良いでしょう。たとえバンカーを避けられたとしてもグリーンの左右どちらからも難しいアプローチになるからです。レイアップしてグリーンを狙う場合、ショートゲームに自信のない方はどのピンポジションでもグリーンセンターを狙いプレッシャーのかからないショットを心がけて下さい。

Hole 2 PAR:3
HDCP:8
BACK:151Y
REGULAR:136Y
FRONT:136Y
LADIES:136Y

芳賀で一番距離の短いショート・ホールですが、グリーンの手前から奥までの距離は一番長いグリーンです。そのため見た目に近く感じますが、ピン・ポジションが手前と奥とでは3クラブ変わってきますので、距離をしっかり確認したうえでのクラブ選択をしましょう。気を付けることはピン奥の場合の右のOBが近いことと、グリーンが大きいのでショットの距離が合わないとロングパットになるので、パターの距離感が重要となります。

Hole 3 PAR:4
HDCP:2
BACK:441Y
REGULAR:416Y
FRONT:344Y
LADIES:281Y

左ドックレックで左右にOBがあり、さらに左コーナーには池というプレッシャーMAXの難ホールです。レギュラーティから池を越えるには、キャリーで220Yが必要となり、飛距離の自信のある方は、池の上を狙うか3Wなどで正面のバンカー右端狙いでも良いでしょう。何故なら、池を意識しすぎて、右にOBといった経験をされた方は多いと思います。セカンドショットは意外に距離が残ってしまうホールで、しかも砲台グリーンなのでクラブ番手を上げて打ちたいところですが、乗せるだけでも難しいグリーンで、左に外すと逆目の難しいアプローチになってしまいます。無理の届かせようとせず「グリーン手前でも良い」の方が大怪我はしないでしょう。

Hole 4 PAR:4
HDCP:4
BACK:395Y
REGULAR:381Y
FRONT:307Y
LADIES:307Y

右ドックレックでティーから250ヤード付近は窪地のラフになっており、また左サイドがOBになった事により難易度がかなり高くなったホール。このホールの攻略はティーショットの落とし場所が重要となります。レギュラーティーからだと窪地に入らない220ヤード地点までのフェアウェイに止めること。2打目の距離は少し長くなりますが、グリーン周りにハザードが無いので手前から攻めることができ大きなミスが少なくなるからです。真っ直ぐに行ったからといって窪地に入れると傾斜の強いラフからのショットとなりミスの確率が高くなります。

Hole 5 PAR:3
HDCP:7
BACK:197Y
REGULAR:180Y
FRONT:130Y
LADIES:130Y

打ち下ろしのショートホール。手前には大きなバンカーがあり、結果オーライが望めなくグリーンに乗っても、アンジュレーションの強い俗に言うポテトチップスグリーン。ティーショットは打ち下ろしの分5y~10y引いてください。問題はグリーンです。傾斜が強いのでピンより手前に乗せる事が理想ですが乗せるだでも難しいので奥に乗った場合、フックライン、スライスラインどちらも自分の思ったラインよりも多く見てください。この時、入れようと思わないで、カップより手前に止める意識を持てば大きくふくらませたラインをイメージできると思います。あとは神頼みですかね(笑)それ程難しいグリーンです。

Hole 6 PAR:4
HDCP:1
BACK:455Y
REGULAR:440Y
FRONT:363Y
LADIES:330Y

ティーショットで少しでも距離を稼ぎたいところだが、右側グリーン奥までOBなので力みは禁物。2打目、無理に狙って右OBはもちろんの事、左ラフに外すと難しいアプローチが残ってしまいます。距離が残っても無理に届かせようとせず、3打目、グリーン手前からのアプローチがコース攻略のカギとなります。

Hole 7 PAR:5
HDCP:3
BACK:560Y
REGULAR:535Y
FRONT:511Y
LADIES:408Y

ストレートなロングホールでティーショットは、左にバンカーがあり、フェアウェイも右から左への傾斜なのでフェアウェイ右サイド狙いが良いでしょう。 このホールで気を付けなければならないのは、グリーン手前のバンカーに入れないこと!距離の出る方は、2打目でこのバンカーに入らないクラブを選択し、3打目は打ち上げになるのでヤード表示より5ヤードから10ヤード大きめに見て打ちましょう。

Hole 8 PAR:4
HDCP:6
BACK:355Y
REGULAR:341Y
FRONT:324Y
LADIES:324Y

打ちおろしのバーディが狙えるホールです。飛ばし屋の篠崎プロは何度か、ワンオンしています。

Hole 9 PAR:4
HDCP:9
BACK:390Y
REGULAR:381Y
FRONT:348Y
LADIES:292Y

左ドックレックで左右にOBがあり、さらに左コーナーには池というプレッシャーMAXの難ホールです。レギュラーティから池を越えるには、キャリーで220Yが必要となり、飛距離の自信のある方は、池の上を狙うか3Wなどで正面のバンカー右端狙いでも良いでしょう。何故なら、池を意識しすぎて、右にOBといった経験をされた方は多いと思います。セカンドショットは意外に距離が残ってしまうホールで、しかも砲台グリーンなのでクラブ番手を上げて打ちたいところですが、乗せるだけでも難しいグリーンで、左に外すと逆目の難しいアプローチになってしまいます。無理の届かせようとせず「グリーン手前でも良い」の方が大怪我はしないでしょう。

ページトップへ

ページトップへ

ページトップへ